相続相談と相続税

一般人が税理士と関わる機会はそう多くないのですが、強いて言えば年に1回の確定申告相談の際に、税務署窓口で出会えるチャンスがあります。企業であれば節税対策は必須ですし、資産をそれなりに持っている人は納税に関わる相談に乗ってもらう機会もあるでしょう。しかし最も税理士の存在感を身近に感じるのは相続税が発生した時かもしれません。

財産降ってわいたように発生した財産相続問題や相続税の悩みに、強い影響力を持つ税理士さんが身近にいてくれるだけでも、安心感があります。実際に遺産相続人が多くなれば相続争いがおきそうで、不安材料が増えるような気がします。しかし、きちんと説明を受ければ、相続人が多いほど節税対策になる事もわかります。相続相談に関しては知っておいた方がいい事が多くあるのですが、そうした税に関する知識への啓発活動も税理士の大事な仕事の1つです。

さらに成年後見制度や国民を代表しての税制改革のための提言、民事および家事調停員として紛争解決にも貢献しています。その他にも税の専門家としていくつもの社会的貢献も果たしているのが税理士なのです。自力ではなんとも解決のしようがない財産問題が生じたら、積極的に税理士を頼るのも選択肢の一つとして有効です。

もちろん税理士でも限界はあります。金融機関を通しての相続手続きや各種保険の相続手続きは、できる事が限られてきてしまいますが不動産などの資産があった場合は申告のサポートなどができます。有る程度得意な分野や不得意な分野はあるものの、相続相談に関しては頼りになる存在である事は間違いありません。

まずは贈与税について説明していきます。